H E A L I N G

f:id:NEOspriggans:20190727213145j:plain

HEALING


 

とある猫カフェに行ってきた。

ここはNorwegian Forest Catっていう種類しかいない楽園だ。

とても大人しくて、人懐っこい猫である。

 

とはいえ、こちらから寄っていくと、眠そうな顔を向けて相手をしてくれない。

だから、ちょっと離れて、座って待ってみる。

暫時、彼らの気が向いてきたら、次第に寄ってくる。

 

そうなるともう、触って、撫でてもいいサイン。

この猫は毛並みも綺麗で、触り心地もシルクのように滑らか。

ちょっと言い過ぎかもしれないけど、それぐらい気持ちいい。

 

そんな贅沢な時間を過ごしていると、今度はこっちが眠くなってきた。

 

癒しという言葉が一般的に使われるようになって、もう何年ぐらい経つだろうか?

癒しの状態が行き着く先、それは心地良い睡眠だと思う。

 

みんなどこかで、見えないところで何かがストレスになってるから、リラックスする時間と場所を、自分で探すなり、見つけるのが大事なのかもしれない。

昨今の凄惨な事件のニュースを見るたびに、こうした癒しの必要性を感じてしまう。

 

だから、疲れた時は、猫を撫でよう。

 

 

Norwegian Forest Cat × Nikon Z 6

f:id:NEOspriggans:20190727213224j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727210624j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727213119j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727213421j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727213434j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727213210j:plain

 

f:id:NEOspriggans:20190727213200j:plain

 

撮影地:ノルウェイの森(大分県)