AFTER

f:id:NEOspriggans:20190416212821j:plain

AFTER

 

2016年4月に発生した熊本地震から3年が経った。

 

隣県に住んでいた僕は、地震発生後しばらくして、車を飛ばしていた。

熊本市内に住む友人に物資を運ぶためだ。

 

阿蘇市を横断する国道57号が寸断されていたことは報道でも把握済み。

従って高速道路で向かったけど、熊本に近づくにつれて車の数も多くなり、やがては渋滞へ。

結局、植木ICで強制的に下ろされ、そこからは下道で向かうことになった。

 

いつもなら3時間もかからない距離が、2倍の時間を要した。

それもそのはず、熊本市内でも道路の陥没や地割れが酷かったように思う。

 

地震という災害において、このようなライフラインの寸断はやむを得ない。

だからこそ、備蓄などの準備が大切だと行政は警鐘を鳴らしている。

 

しかし、2~3日分の備蓄は出来ても、それ以上の備えというのはなかなか難しい。

たとえ1週間分の食料を確保していたとしても、トイレットペーパーや生理用品などの生活必需品はどうだろうか。

果たして、災害というものは経験してみないと分からないのも事実だ。

 

さて、結局その日は友人にも無事に会うことが出来、僅かな救援物資も渡せた。

片道6時間かかったけど、宅配業者に頼むよりずっと速いし、困った時はお互い様だ。

 

その後、近くの小学校にも立ち寄って、飲料水などを持って行った。

教師と思しき人が、電話対応で忙しそうにしていたことを今でも憶えている。

 

日本に住む以上、地震のリスクがゼロという場所はない。

むしろ津波や地滑りなど、二次被害のリスクに晒されている場所の方が多いはず。

 

だからこそ、お互いに助け合うことが大事なんだろう。

日本の歴史とは、復興の歴史でもあるような気がする。

 

ということで、今回選んだ写真は宮崎県の五ヶ瀬町から眺めた阿蘇の山々。 

ちょうどこの日は桜も満開で、春の陽気がまぶしかった。 

 

願わくば、この平和な景色がずっと続きますように。